ページ

2015年10月27日火曜日

AKITA TRAIL RUN FESTIVAL 2(ATRF2)ロング(27km)で優勝

今回は、お隣秋田県のトレイルマラソン大会「AKITA TRAIL RUN FESTIVAL 2 in まんたらめ(ATRF2)」に出場してきました。

前日から、土砂降りの雨が降り続き、大会当時も気温が低く風も強い。
本大会のコース最高点である女人堂のスタート時の気温はマイナス2度との情報が。

ということで、やや過剰なぐらいの寒さ対策でレースに参加しました。

他のランナーは、トレイルのオシャレなユニフォームの中、自分は陸上選手バリバリの格好(笑)


そして、トレイルレースで印象的だったのが

「タッチ!」

前日のコース説明会の時にはじめて知ったのですが、スタッフや選手同士ですれ違う時はタッチをするんだそうです。

そして、タッチは「パー」
※ジャイアンツファンだと、タッチは「グー」になるのですが…笑


さて、レースは午前8時にスタート。
スタート後すぐにスキー場を逆走していくのですが、ここのスキー場が比較的なだらかで走りやすい。

スキー場の1番上(オーバストップ)を過ぎると本格的な山道へ。
なんと!みぞれが降り始めるました。

寒っ。


その後、しばらく下が続き最初のエイドに到着。
水分を少々補給してロードコースへ。

林道からスキー場に入り2回めのスキー場トップへ。
ここから、公園内のロードや階段が続きます。

グランドゴルフを楽しんでいる人たちの脇を走るというコース設定もおもしろい。

その後、妙見山を登ってスタート地点のオーバスプラザへ。


ここから、またスキー場を逆走。
登り好きには、嬉しくて思わず笑みがこぼれてしまうコースです。

林道からロードコースに出ると、選手とすれ違います。
「ガンバです!」と声をかけ、こちらからパワーを送りながらほぼすべてのランナーとタッチ。

この日、タッチ数の自己記録を更新しました(笑)


再びエイドに到着し、いよいよここからが、本大会最大の山場である女人堂へ。

レース後半で足の疲労が蓄積する中、この登りは本当にキツイ。
ふくら脛の乳酸がMAXで、筋肉が痺れてきます。


この苦しさが、笑みを誘います(嘘)


ランと歩きを交互に入れながら頂上へ。
ここからゴールまでは、ほぼ下りです。

山下りは苦手で、何度か転びそうになりながらもスキー場の頂上付近まで降りてきました。

大会メイン会場の声がだんだん大きくなってきて、カーブを曲がる度に「ゴール?」「ゴール?」と期待するのですが、なかなかゴールが見えてこない(笑)

そうしていると、ゴールのアーチが目に飛び込んできました。


「やった~、ゴーーール!」


今回の27kmのレースは、トレイルの大会では最長距離でした。

まだまだ余裕もあるので、来年はもっと多くの大会に出場して、積極的にタイトルも狙うつもりです。


それにしてもこの大会は素晴らしい。
スタッフの笑顔・対応はもちろん、大会の盛り上げ方や表彰なども斬新です。

スタッフ、ボランティア、その他大会運営に携わったみなさまに感謝します。

「素晴らしい大会をありがとうございました!」


最後に・・・

  • すべてのスタッフさんに声をかける(可能な限りタッチする)
  • すれ違うランナーさんに声をかける(可能な限りタッチする)
  • ミドルの部参加のランナーさんを追いかけるときに必ず声援を送る
  • そして、↑の3つすべてて絶対にキツそうな顔は見せない(スマイル・スマイル)
  • トップでゴールする

・・・の、自己満足五冠を達成しました(笑)

表彰式

賞状

賞品(パダゴニア)
陶芸作家田村一さん制作のトロフィー

0 件のコメント:

コメントを投稿