ページ

2015年9月30日水曜日

ランニング中の体感温度について

岩手山も初冠雪ということで、いよいよ寒い季節がやってきました。

最近、ランニングの合間にクロストレーニングでロードバイクを取り入れているのですが、日中の時間じゃないとそろそろ厳しそうです…

あまり知られていませんが、北海道を除く本州で1番寒いのが岩手県です。
寒さには強いのですが、風は強い日は特に寒さが身にしみます。

さて、今回は体感気温のお話です。


一般的に、運動をすると体は温かくなりますが、寒い時は運動で発生する熱量よりも、奪われる熱量の方が多くなってしまいます。

特に強風下でのランニングの場合、体感温度がとても低くなります。

多くのランナーの場合、体温を維持するための脂肪が少ないということもあり、より体感温度が低くなってしまいます。

体感温度の公式


体感温度を、比較的簡単に確認することができるリンケの公式というのがあります。






※L=体感温度、T=気温、V=風速

これに当てはめると、気温が5度で風速が9mの場合…

5-(4*3)=-7

およそ、マイナス7度ということになります。


向かい風の中を走る時は、さらに体感温度が低くなります。

また、気温が低い時でもランニング中は汗をかいているため、水の気化熱によって予想以上に体温は奪われてしまいます。

山でトレイルランする時は、特に気をつけましょう!

2015年9月27日日曜日

奥武蔵ゴールデンルートをトレイルランで走破!

関東方面に用事があったので、久しぶりにトレイル三昧。

電車移動だったので、駅から近い山…という場所で思いついたのが武甲山。
どうせなら、奥武蔵ゴールデンルートを走破してチェックアウトまでに帰ってこよう…と弾丸ランにチャレンジ。

今回は、10月の秋田トレイル(AKITA Trail Run Festival in まんたらめ2015)の練習兼レースで使用する補給食を試すことが目的。

まずは、朝4時30分に宿を出発し芦ヶ久保駅へ。
ここで水分を補給して、ロードを走って武甲山登山口へ。
雨で景色が全く見えず…


















武甲山(1304m)登山口から山頂までは、結構飛ばして40分ぐらい。
雨が降っていて、山頂からは何も見えず景色を楽しむことができませんでした。

その後、小持山(1269m)へ。
急な下りコースで何度か転びそうになりそのまま大持山(1294.1m)へ。

ここから妻坂峠までは、トレイルランに最適なコースで楽しく走れました。

武川岳までは、予想以上急な上り坂。

その後、蔦岩山(1004m)〜焼山(850m)~二子山(882.7m)へ経由して芦ヶ久保駅へ。

5時間でおよそ30km~35km。
途中でGPSが取れていない時間があり、正確な距離がわからず…orz

雨で全く景色が楽しめなかったのが残念ですが、ガッツリ追い込んできました。


2015年9月22日火曜日

盛岡でトレイルランが楽しめるコースがいっぱい(大ヶ生・朝島山コース)

今日は、盛岡市内からクロスバイクで大ケ生方面へ。
乙部三山の1つ朝島山でトレイルランしてきました。

標高607mの里山ですが、スピードMAXで坂を登るとかなりのよいトレーニングになります。
盛岡には、トレイルランを楽しめるコースがたくさんあります。

ここは、もりおか近郊自然歩道としてHPにも紹介されています。

大ヶ生・朝島山コース
朝島観光リンゴ園を起点に頂上から立岩神社を経由する周回コースとして設定されています。1周約3時間を要する手軽なハイキング、軽登山コースです。
朝島山の南斜面を登り山頂へ向うコースを「正面コース」、東斜面にある立岩神社を経由し頂上へ向うコースを「立岩神社コース」と呼んでいます。

歩くと1周3時間かかる・・・と書かれていますが、走れば1時間もかかりません(笑)

あまり知名度が無く人も少ないので、地道に魅力を広げていきたいと思っています。

その後は、大ケ生の奥までクロスバイクのヒルトレで追い込み、トレイルランニングで体を動かしてきました。




2015年9月16日水曜日

久しぶりに岩手山焼走りコースでトレイルしてきました

じんぎすかんマラソンで、ふくらはぎの軽い肉離れ…

ということで、しばらく休んでいました。

順調に回復してきたので、手始めに岩手山までjog

だいぶエネルギーが溜まっていたこともあり、気持ちよく走れました。

焼走りコース山頂まで約1時間19分。
復帰1発目にしてはまあまあかな。

10月25日の秋田トレイル(AKITA Trail Run Festival)で、山登りをぶっ飛ばすにはもっと鍛えねば♪( ´▽`)

ちなみに、翌日の筋肉痛は半端無かったです・・・
どこまでも走っていけそう(笑)