ページ

2013年6月24日月曜日

盛岡市街地でトレイルランニングができる

今朝は、おニューのシューズの試し履きを兼ねてじっくり22kmのトレイルランニング。

盛岡市内中心部でも、トレイルランの楽しめるコースがあります。

山王小学校、または城東中学校から岩山を越えて、愛宕山を経由して、高松の池に抜けるコースです。

愛宕山~高松の池に抜けるコースは、北山散策路と呼ばれコースマップもあります。
北山散策路コースマップ

オススメのランニングコースです。


2013年6月23日日曜日

第28回(2013年)おいらせ町いちょうマラソン

今日は、第28回おいらせ町いちょうマラソンのスタッフでした。

この大会は、3km、5km、10kmの部があります。

ゴール後の「へっちょこ汁」のサービスや、3人に1人は当選するという抽選会、お楽しみジャンケン大会が魅力です。

また、町のシンボル「自由の女神像」

ニューヨークと同緯度(北緯40度40分)ということで、本家の4分の1の大きさで建立されたそうです。

ちなみに、高さはおよそ20m。



大会結果は、こちらに掲載されています。
http://www.lap.co.jp/race/kiroku/oirase/index.html

2013年6月21日金曜日

ナイトラン(夜のランニング)が流行っているそうです

自分のトレーニングは、基本的に朝です。

会社が9時に始まる、仕事の終わる時間が遅くなる…という環境によるものもありますが、夜に走りすぎると、覚醒するせいか眠れなくなってしまいます。

…という前置きを書いておきなら紹介するのもアレですが、ナイトランが流行っているそうです。


「Run Happy」のためのナイトラン マナー向上委員会


  • 視野が狭まることで集中力アップ
  • 日焼けしない
  • 仲間と集まりやすい


などが人気の理由みたいです。

現役時代に出場していた大学の記録会では、最終組のスタートが20時ぐらいになることもあります。

確かに、遅い時間のレースでは、不思議と集中できた記憶があります。

ただし、夜全く眠れなくなりましたが…(⦿_⦿)


今の自分の生活スタイルを考えると、やっぱり朝練習が基本だな…

2013年6月20日木曜日

第22回岩手山焼走りマラソンに出場します

今日は完全休養です。

自分は、疲労が残りやすいタイプなので、人より多めに完全休養を入れます。
これは、実業団時代からでした。

人ぞれぞれの練習方法、体質、筋肉の質、年齢…などなど、自分に合った方法を模索して実践する。
これも、長距離走のおもしろさの1つですね、

来月からレースに出場しますが、最初のレースはこれです。
第22回岩手山焼走りマラソン

この大会には今まで出たことがありませんが、前半下り→後半登りというコースのようです。

標高差は、一般10キロコースで60mとのことですが、十八駅伝のアンカーで何度も区間賞を獲得した自分にとって、フラットなコースと同じですね(笑)

2013年6月19日水曜日

雨の中でのランニングも最高です!もちろん晴れていても。

18日に東北地方も梅雨入りしました。
今日は、雨が降っている中でのトレーニング。

イネ科のアレルギーを持っている自分にとって、この時期の雨はとてもありがたい。
でも、晴れていたらそれはそれで気持ちいいので好き。
(くしゃみ、鼻水が止まらなくなりますが…笑)

どういうことかというと、いい天気がどうかを決めるのは自分の意思ってことなんです。

どんな天気でも、自分が「いい天気」と感じられたら、365日「いい天気」になるんです。
これは、斎藤ひとりさんの本に書かれていたことです。

それを読んだ時に、なるほど!と思うようになりました。


会話の中で、天気に関する話題はよく話すと思うのですが、

「暑くてやんなっちゃう」って言われたら、
「いやー、ビールが美味しくて最高です!」と切り返す。

「雨だと憂鬱になる」って言われたら、
「雨の日って、○○のお店で割り引きしてくれるらいいよ」と切り返す。


否定形でこられたら、こっちは肯定系で切り返す。

こんな感じで、楽しみながら実践してます。

2013年6月18日火曜日

マラソン大会の通過タイムをほぼリアルタイムでSNSに投稿できるようになる?

マラソン大会の通過タイムを、友人・知人などに伝えることができる新しいサ―ビス「SOCIAL_MARATHON」が提供されるようです。


このサービスは、ランナーの記録計測に使用されるタグを活用して、計測ポイントを通過したタイミングで、SNSへ投稿される仕組みのようです。

現段階では、スタート、10km、20km、30km、ゴールの記録を投稿できるみたいです。
(マラソンを考えると、5kmごとのラップがほしいですね)

ちなみに、各地点から投稿されるタイムは公式タイムではありません。


以前は、GTmailSというマラソン大会の記録を、電子メールで配信するサービスがありました。
遅延などの問題が出ることもありましたが、友人・知人に状況を知らせることができる画期的なサービスだったと思います。

「SOCIAL_MARATHON」は、SNSなので、GTmailSのように配信先の上限などの制限もありません。

今後も、こういったWEBを使った新しいサービスがどんどん出てくるものと思われます。


■参考ニュース
http://www.47news.jp/topics/prwire/2013/06/242529.html

2013年6月16日日曜日

第40回川俣ロードレース大会

久しぶりに福島へ。
今回は、第40回川俣ロードレース大会のスタッフで。

この大会は、1.9kmの部(小学生の部、親子の部)が、第10位まで表彰されます。
いなか町のアットホームな雰囲気が個人的に好きです。

第40回川俣ロードレース大会の大会結果はこちらに掲載されています。
http://www.town.kawamata.lg.jp/soshiki/9/ro-dore-sukekka.html

帰りに、名物の川俣シャモ親子丼を食べたかったのですが、残念ながら売り切れ…(+_+)

2013年6月12日水曜日

この時期イネ科花粉症のランナーはつらいけど・・・

今朝は、日曜日の山ランニングの筋肉痛がようやく回復してきたのでゆっくり10kmほどjog。
例年この時期は、花粉症の症状が重い。

イネ科花粉の影響によるもので、鼻炎・くしゃみ・目のかゆみがひどくなる。

…が、今年は比較的症状が軽い。

思い当たることは、半年ぐらい前から、ゴッドハートスリム青汁(http://www.ginzamarukan.jp/g_diet/)を飲み始めたこと。

ダイエット目的で買ったわけではないが、腸の汚れは万病の元とのことで、知り合いのおススメもあり試しに飲んでみた。

飲んで数日は、お腹が張るような感じがあったが、その後便通が非常に快適になった。

もともと、ランニング生活のおかげで便秘ではないが、さらに快便になった感じ。
便のニオイがしなくなったのも驚き!

そして、思いだけない効果が花粉症の症状改善。

腸をきれいにすると花粉症の症状も軽減されると聞いていたが、どうやら効果あるっぽい。
数十年来の花粉症が完全に治ったわけではないが、昨年までと比べるととても楽。

価格は1ケ月分で10,500円とちょっと高めですが、これは手放せない感じです。

2013年6月11日火曜日

八幡平・七時雨マウンテントレイルフェス

八幡平・七時雨マウンテントレイルフェス

2013年6月9日に、第1回八幡平・七時雨マウンテントレイルフェスが開催されました。
http://www.facebook.com/nanashiguretrail

七時雨山(ななしぐれやま)は、1日に7回(時雨る)というほど何度も天気が変わることからついた名前で、標高は1060mです。

この大会は、東京のOLであるTさんがひとりで登山に来ていた時に、七時雨山荘お酒を飲みながら周りの人たちとトレイルランニングを開催しようたいという話になり…

地元の手づくりを生かした魅力的な大会は、こうして生まれたんだそうです。

今回はスタッフでの参加でしたが、朝3時30分に起きてランニングしてきました。
田代山、七時雨山に囲まれた草原の中は、絶景が広がり走るととても気持ちよかったです。

次回以降も開催を予定しているとのことで、今後ますます楽しみな大会です。

大会結果がアップされています。





















2013年6月7日金曜日

筋肉痛の時にランニングをすべきか否か

トレーニングを再開して数日後に、アップダウンの山コースを走った影響で今朝も筋肉痛…
昨日は完全休養したけれど、今朝は60分ほどゆっくりjog(約10km)

体づくりを再開したばかりなのでじっくりと慎重にいかねば。


さて、筋肉痛の時にトレーニングをすべきか否かの持論です。
具体的にいうと「筋肉痛の痛みを我慢してトレーニングして効果が上がるのか」

ここでいう筋肉痛とは、長距離走のトレーニング後に出てくる遅発性筋肉痛のことです。
(肉離れやその疑いがあるような筋肉痛では、ぜったいトレーニングしないほうがいいに決まってます)

今までの経験上、

軽めのjogなどのトレーニングはした方がいい
ただ、過度のトレーニングは逆効果になる

…と感じています。


この辺りの見解は、科学的にもどらがいいか解明されていないようですね。

特に長距離走だと、筋肉ではなく、有酸素能力の維持も重要になるわけで、筋肉痛が完全に治るまでの間、完全休養してしまうと、有酸素系のトレーニング効果が失われてしまいます。

ただし、人それぞれ体も回復力も筋肉の質も人それぞれ。
みんな違うからこそおもしろい。

自分の体をよく知り、自分にベストな方法を見つけていく。
楽しみながら・・・

2013年6月6日木曜日

トレーニング再開しました

競技生活を離れてもう8年…
時々大会に出たりはするけれど、昔のような気持ちでは走れない。

中途半端で走ることがなんかカッコ悪いというか、こだわりとかプライドが邪魔をしてしまう。
そんな気持ちを完全に消せたわけではないけれど、少し走ってみたくなった。

レースから姿を消してだいぶ時間が経つけれど、今でも声をかけてくれるランナーがいる。
ありがたいことです。

今の環境で、限られた時間で、どれぐらい走れるか。
そんな気持ちで、ブログとともに再チャレンジします。